むうびいらばぁのひとりごと
映画・音楽・本・日々のつれづれ・気になったこと…まぁ、いわばひとりごと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

おひっこし

だいぶ前ですが、Blog引っ越しました。

こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m

movielover's diary
スポンサーサイト
【2010/01/17 00:56】 hitorigoto | トラックバック(0) | コメント(3) |

THE GREENROOM FESTIVAL

久々にスカッとするイベント行ってきました。
THE GREENROOM FESTIVAL
サーフカルチャーを軸にしたアートと音楽のイベントです。
5/30、31の2日間開催で、31日の方に行ってきました。
サーフカルチャーのイベントとはいえ、目当てはPE'ZとLITTLETEMPO
いまいちはっきりしない曇り空の中、会場の横浜大さんばしに向かいます。
しかもスロースタートで15時半入場

LITTLETEMPOは外のステージ。
ドリンク買って、いざ参戦。
生で聴くのは初めてだったけれど、スティールパンを外で聴くのはやっぱり超気持ちイイ。
ベテランだけあってお客の乗せ方とか、ソロの力強さとか、
安心して身を委ねられる感じで熱くなれました。
あいにく最後には少しだけ雨がぱらついてきたけれど、それもかえって気持ちイイくらい。
しかも大さんばしの会場自体が面白いつくりというか、
床がウッドデッキのような感じで作られているので、みんなで踊ると揺れる揺れる。
その揺れが音と一体になってすごく楽しめました。

そして盛り上がったままメイン会場へ。
改めてアルコールで喉を潤し、そのまま流れでbonobos。
このバンドは初めてでしたが一緒に行った友達が知っていました。
伸びのあるボーカルとちょっとお洒落なサウンド。


でもってそのあとはmoomin横目で観ながらホットドッグ&ビールで一休み。
外のステージでは特にちっちゃい子連れのパパママがノリノリだったりして、
すっごくHAPPYな雰囲気でした。

そしてまたメイン会場に戻りSPECIAL OTHERS
このバンド初でしたがかなりかっこいい音してます。
PBって曲の疾走感なんてヤバイ。

そのあとは少しゆっくりして次のPE'Zに備えます。
PE'Zは本当に生がカッコいい。
このメイン会場も揺れがすごくて、PE'Zのときは縦ノリだったりするから、揺れ方も半端ないです。
しめにハナフブキ~HARE NO SORA SITAで最高潮。
終わった後は結構周りの子も「PE'Zすごい、カッコいい」って口々に言ってました。

夜は外のステージの近くでこんなキャンドルのスペースが。
200905312038002.jpg
そしてツリーハウスもいい感じ。200905312039001.jpg

ヘッドライナーはサーフミュージックの大御所DONAVON FRANKENREITER
ゆるくていい感じ。
アンコールで出てきたときはご本人楽しくなっちゃったのか客席にソフトにダイブしてました。
最後はみんなでIt Don't Matterを合唱。
この曲は私も知ってました。

興奮冷めやらぬまま夜の馬車道へ。
帰り道に改めて思ったのですが、このフェスは男も女もオシャレで可愛い子が多かったです。

お酒飲んでハッピーになっていい音楽聴いて、
最高にいい休日の過ごし方ができました♪
ああまた行きたいな。
【2009/06/03 22:57】 music | トラックバック(0) | コメント(0) |

(久しぶりの)おひとりさま的国内旅行in長崎~博多 DAY3

さて3日目です。

この日は福岡への移動日です。
朝もきちんと起きてホテル近くを散策。

長崎有数の唐寺、崇福寺。
DSC00379.jpg

DSC00382.jpg

DSC00386.jpg

1626年に開かれたという、年季の入ったお寺です。
なんだか中国映画のロケにでも使われそうな雰囲気。
朝だからか人もほとんどいなくてしんとしていて、ちょっとタイムスリップしたような気分。
DSC00387.jpg

DSC00397.jpg

DSC00399.jpg

崇福寺からてくてく歩いて有名な眼鏡橋へ。
このあたりは格好のお散歩コースでした。
DSC00401.jpg
橋の影で円が二つできて眼鏡の形に見える…のだけれど、
時間と光の関係でこのときはそうなってませんでした。
なので、ただの橋です。

福岡への移動時間までは、長崎港からフェリーで伊王島へ。
DSC00407.jpg
こんなフェリーで20分ほど。

小さな島ですが、日本で人口のうちのキリスト教信者の比率が一番高かったそう。
すごく小さな島なのに立派な教会もあります。
DSC00411.jpg

少し周りを見てまわったあとは、
長崎温泉 やすらぎ伊王島で今日のメインである温泉に入ります。
海を眺めながら露天風呂でゆったり。
こんな感じ。
ph_spa.jpg
内湯のよもぎ風呂も最高。
お風呂のあとはこんな休憩室でゆったり。
運よくこんな個室でフェリーの時間までのんびりできました。
DSC00413.jpg

このあとは長崎駅から特急かもめに乗って一路福岡へ。
DSC00417.jpg
奥のがかもめ。
車内もほかの電車と一味違い、ちょっと豪華。
シートも黒革張りのハイバックシートで新幹線なんかよりよっぽど快適でした。
2時間弱で福岡へ。
福岡にはうちのブランドの店舗があって、3月にリニューアルオープンしたばかり。
2年前のオープンのときは開店準備に入ったのですが…もう2年もたつなんて。
この夜は九州担当営業とお店の子、ついでに出張で来ていた大阪担当営業も一緒に、
みんなでご飯…もとい飲み会開いてもらいました。
九州担当営業が連れて行ってくれたのがもつ鍋のやましょう
予約とりづらいお店らしいです。
ここが鍋だけでなくもろきゅうやらサラダやら、なんでも美味しい!
さすが食の街、博多です。
で、調子に乗って焼酎飲み過ぎました…二軒目もあんまり覚えてません~…。
でもすっごく楽しい夜でした。
皆さんに感謝。
【2009/04/18 23:39】 travel | トラックバック(0) | コメント(0) |

(久しぶりの)おひとりさま的国内旅行in長崎~博多 DAY2

長崎2日目。

この日は一日色々と見て回るつもりでやや早めに起床。
まずは宿の近くの大浦天主堂~グラバー園を制覇。
DSC00157.jpg
大浦天主堂内部はヨーロッパの教会を思わせる作りでした。
DSC00159.jpg

グラバー園はこんな動く歩道ならぬ動く坂道で上っていきます。
DSC00167.jpg

で、この眺め。
DSC00169.jpg

なんとなくガウディのグエル公園を思い出させる空間。
DSC00171.jpg

グラバーさんというのはキリンビールの前進である、ジャパン・ブルワリ・カンパニーの創立者。
ラベルのデザインなんかもいまのキリンを思い出させるデザインです。
レトロな建物の内部や調度品の展示がかつての長崎を彷彿とさせます。
DSC00180.jpg

DSC00184.jpg

で、グラバー園内にはなぜか長崎くんちの展示もあります。
DSC00187.jpg

昼時になったので、グラバー園近くの長崎ちゃんぽん発祥の店「四海楼」
でお昼ご飯…と思ったのだけれど、残念ながら満席。
かなり期待していたのでちょっとくやしい。
でも時間を無駄にしたくなくて、先にこの日のホテルに路面電車で移動。
DSC00349.jpg
ホテルは路面電車の思案橋駅近くのリッチモンドホテル長崎思案橋
ここが手頃な割りに新しくてきれいでベッドも最高の寝心地。
ついでにレディスプランにはイオンスチーマー付。かなり快適なホテルです。
思案橋という地名は、花街時代、
遊廓へ“行こか戻ろか”と思案したので名付けられたという思案橋が架かっていたそう。
ちょっと色っぽい名前。いまでも夜の繁華街になってます。
チェックインの時間まで間があるので、先にランチにすることにして、
どうしてもちゃんぽんが食べたくて、探しましたよ。おいしそうな店。
よこはま 思案橋店
ながさきなのによこはまかい、と思いきや、かなりおいしかったです。ここ。
お店の人も親切で、お客さんも結構地元の人が多かった。

ホテルにチェックイン後、今度は長崎原爆資料館へ。
せっかくの旅行、暗い歴史を見るのも…と思ったのですが、行ってよかったと思います。
すごく心の深いところにいろんなものが刺さりました。
入ってすぐの場所に、こんなものが展示されてます。
yu_sho_ph40-1.jpg
1945年3月9日午前11時02分原爆投下の時間で止まってしまった時計。
その向かいにはおなじみのきのこ雲の映像が繰り返し流されているヴィジョンが。

その次のエリアは原爆投下直後の長崎の街を再現しています。
manabi_2.jpg
奥には破壊された浦上天主堂の実際の壁が。
ちょっと息を呑むくらいの迫力があります。

なんだか重い気持ちのような、すごいものを見たという満足感のような、
不思議な心持のまま平和公園へ。
途中桜が満開で、和みました。
DSC00190.jpg

噴水の先にはおなじみの平和祈念像。
すごく寒かった。
DSC00191.jpg

そして鎖国時代の和蘭商館が再現されている出島へ。
なんとなく見なくてもいいかなーと思っていたのだけれど…。
まあ見なくてもよかったかな(笑)。
あまりの寒さで観光客もまばら。場所によっては独占状態。
のんびり見てまわり、このあとどうしようかなーとふらふらしていたところ、
人なつこい猫発見。
DSC00196.jpg

さらにふらふらしていて出島の裏手の廃墟のような古いビルに雑貨屋を発見。
DSC00201.jpg
診療所の看板に歴史を感じます。でもいまは診療所ではないみたい。

DSC00200.jpg
なんか出そう…。

DSC00198.jpg
窓からの眺め。

DSC00474.jpg
この雑貨屋できれいなミルク色した小皿を購入。
陶器などは地元の作家の作品を置いてあって、なんだか味のあるお店でした。

このあとさらに時間があったので、長崎県美術館へ。
グッドデザイン賞やらなんやらいろんな賞もとってる、ミニマルかつ壮大な建物です。
800px-IMG_2043.jpg
この建物をみて中庭を望みながらカフェでお茶するだけでも訪れる価値あると思います。
少しだけだけれどスペイン美術のコレクションもあり、
ピカソやダリ、タピエスなんかを見てきました。

美術館を出る頃にはすっかり暗くて寒くてしかも雨も降り出して、ちょっとブルー。
でもご飯は思案橋のホテル近くの寿司屋で安くて美味しい寿司を堪能。
その上ホテルでイオンスチーマーでフェイスマッサージして…大満足&熟睡の夜でした。

to be continue...
【2009/04/15 01:45】 travel | トラックバック(0) | コメント(0) |

(久しぶりの)おひとりさま的国内旅行in長崎~博多 DAY1

3月末は年末年始休暇の代休をようやくもらい、季節はずれの冬休み。
で、久々に行ってまいりました、一人旅。
初九州旅行です。
博多には出張で何度か行ったことはあったのだけれど、プライベートでは初です。
久しぶりの羽田で若干テンション上がり気味で買い物をしてJAL11:35発長崎行きに搭乗。
少し揺れが多かったけれど、隣の席も空いていて、ゆったり空の旅です。
昼時なので、もちろん空弁購入。
13:25到着した初めての長崎空港はローカルっぽさ満点の小さな空港です。
良く言うとコンパクトでわかりやすい(笑)。
市内へ出るバス停もすぐ目の前。1時間ほどで長崎駅まで出ます。
駅前の停車場で降りて、少しぶらぶらしただけで、
なんだか違う街に着たんだなーと実感。
200903281455000.jpg

教会が多い街らしく、早速エキゾチックな教会発見。
DSC00312.jpg

長崎と言えば!「カステラ一番電話は二番三時のお八つは文明堂」
DSC00315.jpg

とりあえずホテルにチェックイン。
初日の宿はグラバー園近くのホテルモントレ長崎
手頃な割りに、ヨーロッパ風のデザインで女の子好みの宿です。
客室の窓からは稲佐山と長崎湾の眺め。
DSC00316.jpg

ホテルを出て少し歩いただけでこんなエキゾチックな建物が。
DSC00318.jpg

DSC00319.jpg
そこはかとなく"異国"の香りがします。

とりあえず散策。
長崎と言えばまずここでしょう、のオランダ坂。
DSC00320.jpg

DSC00326.jpg

桜も満開でした。
DSC00322.jpg

少し陽も出てきて、いい散策日和…というには少し肌寒かったけれど。
DSC00330.jpg

オランダ坂をあがってすぐのところに東山手洋風住宅群があります。
洋風住宅に瓦屋根。和洋折衷。
DSC00334.jpg

DSC00335.jpg

DSC00337.jpg

DSC00338.jpg

そしてさすが坂の街。
ヒールで歩くには危険な坂道が続きます。
上りはしんどく、下りは危険…。
DSC00336.jpg

昭和の匂いを感じさせる建物がそこここに。
DSC00342.jpg

DSC00344.jpg

DSC00352.jpg

交番までちょっとレトロ。
DSC00353.jpg

長崎の猫たち。
DSC00358.jpg

DSC00361.jpg

本当にタイムスリップしたような街並み。
DSC00354.jpg

ふらふら歩いているうちにたどり着いた楠稲荷神社。
DSC00355.jpg

びっくりするほど大きな楠木があります。なんだかご利益がありそう。
DSC00356.jpg

そしてなんだか懐かしい街並み。昭和の香り(笑)。
子供の頃にタイムスリップしたような気がします。
DSC00359.jpg

DSC00360.jpg

DSC00362.jpg

暗くなってきてから出島ワーフに。
大好きな横浜や函館を思い出させる港の景色です。
DSC00372.jpg

DSC00377.jpg

DSC00374.jpg

この夜はおいしい海の幸を堪能。
特に蒸し牡蠣と海鮮丼は絶品でした。

to be continue...
【2009/04/07 00:18】 travel | トラックバック(0) | コメント(0) |

TOKYO!

暇だったので、映画を観にいこうと渋谷に出る。
『落下の王国』を観ようとしたのに、単館で60席しかない映画館だったので、
30分前でも席がなく、あきらめてシネマライズでやっていた『TOKYO』を観る。
ミシェル・ゴンドリー、レオス・カラックス、ボン・ジュノといった鬼才たちが、
東京を舞台に撮ったオムニバス映画。
レオス・カラックスのに興味があったのだけれど、
結果いちばん良かったのはボン・ジュノの『ひきこもり』Shaking TOKYOだった。

あえてキーワードをつけるなら、
ミシェル・ゴンドリー【ファンタジー】
レオス・カラックス【狂気】
そしてボン・ジュノ【リアリティ】
ボン・ジュノの作品が、外での撮影がいちばん少なかったにもかかわらず、
最も東京という街をうまく捉えていた気がする。
やはり同じ人種ということが関係しているのか、
日本の役者の使い方が一番うまかった気も。
空気感、(非現実的なストーリーにもかかわらず)リアリティ、間合い、
どれをとってもTOKYOという街にはまっていた気がする。
レオス・カラックスはやはりヨーロッパというフィールドの方が、
よりその才能を発揮できるのかも。

3作品それぞれ色合いがまったく異なっていて、面白かった。

TOKYO.jpg















TOKYO:東京
「インテリア・デザイン」
監督: ミシェル・ゴンドリー
出演: 藤谷文子/ 加瀬亮/伊藤歩/ 妻夫木聡/大森南朋
「メルド」
監督: レオス・カラックス
出演:ジャン=フランソワ・バルメ石橋蓮司/北見敏之/嶋田久作
「シェイキング東京」
監督: ポン・ジュノ
出演:香川照之/蒼井優/竹中直人/荒川良々

主題歌: HASYMO
『Tokyo Town Pages』

1h50min/FRA-JPN-KOR/2008
【2008/09/21 00:01】 movie | トラックバック(0) | コメント(0) |

だいじなこと

新店舗のオープン準備に追われていた9月初旬、
自分でもびっくりするくらいの高熱を出して倒れました…。
土曜日に発熱、5日間もの間、一日に40℃~37℃の間をいったりきたり。
ひたすら水を飲んで寝ているしかなくて、
ようやく3日目に病院に行くも原因はわからず。
高熱にうなされ汗をかき、と思ったら汗が冷えてがたがた震えながら布団にくるまる、
という状態の繰り返しが続き…。
でも、大人になってから40℃もの熱を出したのは初めてで、
ほんとにもう何か悪い病気にかかって、
ひとり淋しく死んでいくのではないかと思ったくらいのしんどさでした。

6日目に朝40℃の熱があったけれど、週末に新店のオープンを控え、
休むのもぎりぎりだったので午前中病院でにんにく注射をうち(これがまた効果抜群)、
午後からの出社。
病み上がりなのに22時半まで働くというバカなことをやってのけ、
翌日また倒れるんじゃないかと思ったけれど、何とか復活。
土曜日もオープン日だったので朝から出勤。
うーん、自分で言うのもなんだけれど、働きすぎでは????

病院でも、風邪なのか、何なのか、結局原因は特定できず。
ストレスとあまりの忙しさに、ついに身体が音をあげたようです。
ま、もう若くないしね…(笑)。

回復して思ったのは、やっぱり身体がいちばんだいじ。
健康体でいないと何もできないしね。。。
とはいえ、相変わらずハードに働く毎日です。
連休祝日、ありがたいような、迷惑なような…。
来週も祝日あるのに、お店のヘルプに2回も立たなければならず…。
仕事終わらないんだもん!!!

いやー、どうにかならないかな。。。
【2008/09/18 23:01】 hitorigoto | トラックバック(0) | コメント(0) |

PROFILE

kumi
  • Author:kumi
  • age:32                     

    某ヨーロッパカジュアルブランドの
    店舗運営やってます。
    店に上司に振り回される日々の間隙をついて、
    映画、アート、(ひとり)旅を満喫する日々です。
    そんな私の徒然日記。

      
    personal favorite:           
    映画が好き。                     
    邦画から洋画まで、メジャーからマニアまで。最近気に入った映画はジャームッシュの「コーヒー&シガレッツ」。好きな女優はアンナ・カリーナとジャンヌ・モロー。                                               
    音楽も好き。                     
    ジャンル問わず。                   
    ハードロックと演歌以外。         
                                
    お酒も好き。
    よく飲むのはラムベースカクテル、
    日本酒、焼酎、ワイン、色々。
  • RSS
  • 10 | 2017/11 | 12
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

    RECENT ENTRIES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACKS

    ARCHIVES

    CATEGORY

    LINKS

    SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。